平田商工会議所青年部

会長挨拶

基本方針
平成29年度スローガン「万里一空〜高みを目指し原動力になれ!〜」 平成29年度会長 森山 貴紀
平成29年度会長 
森山 貴紀
 
風力発電

  地域の活性化、各事業所の継続、発展には多種多様な方々の力が必要です。昨今、平田地域に限らず、事業所の後継者問題、売上減少による事業縮小・廃業は我々の近くで起き続けています。よく耳にするのが、’昔はよかった、前はよかった’などの思い出話です。しかし時代は刻々と変化していきます。各事業所をリーダーとして支えていく人達は、常に周囲を牽引していく力、指揮陣頭をとれる人となってほしい。そして 諸先輩方が築き私達の代まで継続してこられた 島根県出雲市の中の ”平田商工会議所−平田商工会議所青年部”をただの県下最小単会でなく 底力を持った団体として残して行きたいと考えます。

 2017年のスローガンは”万里一空〜高みを目指し原動力となれ”といたしました。
 一人一人が自ら行動し、動力源となり、大将として共に目標に向かっていける平田YEGであれ、との思いを込めています。


 今年度の事業は、会員の経営者としてのスキルアップ事業と地域活性化事業を計画しております。
 スキルアップ事業は講師講演会や実践に繋がる研修を行いたいと考えます。
平田YEGも年々会員数は減少しておりますが、それと共に会員個々の力も減少するわけにはいきません。10年後20年後を見据えながら事業継承、新規事業、新商品開発等の経営課題に対して貪欲に挑戦してほしいと考え、もちろん会員事業所同士での相互協力も視野に入れつつ、その手助けのできる事業を行おうと思います。


 地域活性事業としては、昨年で第2回となりました ”市内栄橋のライトアップ事業”を継続して計画しております。これまでは市内の保育園、幼稚園児を主な対象として事業を行っておりましたが、今年度は、地域の様々な世代の方々にも楽しんでもらえる様な事業にしたいと考えます。


 新入会員も少しずつ増えておりますが、まだまだ平田商工会議所青年部の魅力が充分に伝わっているとは思いません。会員一同昨年度に引き続き、平田商工会議所青年部の魅力を全力で伝えていくことで、会員の拡大も図っていきたいと思います。

 

重点事項

《会員数の増加》
 平田地域の活性化を図るためには、多種多様で有機的なつながりが必要です。事業発展に資する青年部であることを存分にPRし、会員数の増加を図ります。

《会員個々のスキルアップ》
 青年部として会員が様々な経営課題に対応できるよう講習会、研修を予定しております。個々の会員が様々な課題を我が事として捉え、主体的に問題提起していくことで会員全体の意識・能力が底上げされることを望みます。

《原点に立ち返る》
 次年度に創立40周年を控え、我々平田商工会議所青年部とはどのような団体であるかを今一度見つめ直したいと思います。規約はもちろん今までの活動等を振り返り、これからの事業について思索を深めることを望みます。